これからの人生、自分の「生きがい」をみつけて、自由になりたい

生きがい

「自分は何のために生きているんだろう」

人の目ばかりを気にして、本当に自分がやりたいことがよくわからない。仕事に追われて、気づいたらもう人生も半分以上すぎている。「このままではやばい」と思いながらも、会社に行って、求められることを頑張っていた、4年前。イライラの毎日に仕事が終われば同僚と愚痴を言い合った、そんな経験が私にはあります。 悩んでいた時は、自分のイライラを家族に当たり散らす日々でした。

生きる目的「生きがい」があると長生きすると言われています。

「生きがい」があれば、毎日朝起きるのが楽しくなるかもしれません。ですから、自分の「生きがい」をみつけることで、これからの人生が充実するという考え方もできるでしょう。

朝早く起きて、庭の草花や野菜に水をやる、近くの公園に犬と散歩に行く、友達とテニスをする、自分で育てたハーブティーで友達とお茶会をする。

自分がどんなことが本当に心から好きかゆっくり考える自分のためだけの時間を持つことで、心が落ち着き、少しだけでも「今ここに」集中できる、そんな可能性もあります。

アメリカ人の研究者・作家であるダン・ビュイトナーは『ナショナル・ジオグラフィック』誌と科学者たちとのチームを組み、世界有数の長寿を誇る4つの地域(=ブルーゾーン)を特定しました。

超長寿地域(ブルーゾーン)

  • 日本沖縄
  • イタリアのサルデーニャ
  • ギリシャのイカリア島
  • 米カリフォルニア州のロマ・リンダ
  • コスタリカのニコヤ半島など

ブルーゾーンでは、アメリカと比較し、100歳以上の人口割合は10倍、心臓病やガンの割合はわずか数%、平均寿命も10年以上長かった。

世界で最も健康で長生きする人々に共通の以下ポイントを「9つのルール」として紹介しています。

1.よく動く:この地域の人たちは、非常に活動的だ

2.野菜中心の食事:地中海食やアジアの伝統的な料理の特徴だ

3.適度に飲酒

4.「腹八分目」

5.ストレス解消になる行動を取る:地中海地方の人たちにとっては「昼寝」、キリスト教徒たちにとっては「祈り」、沖縄の女性たちにとっては「一緒にお茶を飲むこと」

6.「生きがい」がある:毎朝起きて、誰かのためにすべきことがある

7.社会的集団に属する:健康的な習慣を持つことにつながる

8.宗教的な活動に参加する

9.家族との強い絆を保つ

「ブルーゾーン」の生活に学ぶ健康長寿のための2つの習慣
健康と長寿に関する研究が続けられる中で、科学者たちは「ブルーゾーン」に関心を向けてきた。このゾーンに入るのは、長生きの人が非常に多い沖縄やイタリアのサルデーニャ、ギリシャのイカリア島、米カリフォルニア州のロマ・リンダ、コスタリカのニコヤ半島

これからの人生、自分の「生きがい」をみつけて、もっと自由になりたい。問題を先延ばしにしているけど、問題は一人でに解決しない。じゃないとそれに囚われて生きてしまう。

そう思ったら、自分を変えるチャンス。

「生きがい」をみつけるためには、8つの質問から自分を見つめてみるといいと考えています。

そんなワークショップを「生きがいを8つの質問から考えるワークショップ」で開催しています。

さち 生きがいがみつかる8つの質問 - リザスト
コーチ|コーチング|生きがい|ワクワク|繋がり さち さち