コーチングは、心の健康診断

コーチング

いつも私は焦っている。

何に焦っているのだろう。

3年後の目標に近づいていない焦りかもしれない。

今この瞬間にやりたいことが出来ていない焦りかもしれない。

焦るばかりに時間がとられ、また焦る。

その焦っている時間に、一つでも行動すればいいことは、頭では十分分かっている。

毎月受けているコーチングで今回はこの「焦り」をテーマにした。

ゴールは「焦らないための行動」ができるようになること。

コーチと話していくうちに、何に焦っているのかがわかり、焦りを解消するためにする行動が決まった。

コーチの経験からのフィードバックや提案をもらったことで、時間のかけ方のバランスを変える必要性に気付いた。

1人では、たどりつけない視点をもらった。

私にとって、毎月、コーチングをうけることは、心の健康診断だ。

自分がどんな状態にいて、その状態をどうしていくかの行動を決めることができる。

そして、コーチングをうけることは自己投資とも言える。

コーチングを受け始めてから、グンと自分がやりたいことへの世界へ近づいていると感じるからだ。

コーチング前の私は、完全に迷子だった。

どこに行ったらいいのか、何をしたらいいのか、誰といたいのか、全く分からなかった。

複雑な迷路に一人ぽつんといる状態だった。

コーチングを始めてから、その迷路を少しずつ少しずつ、コーチと進んでいった。

進んでいくうちに、どこに行きたいか、何をしたいか、誰といたいのかが、段々見えてきた。

多分コーチングを受けていなかったら、私はまだ迷子のままだったと思う。

コーチングを受ける前までは、高いお金を出して、なんでコーチングなんてやるんだろうって思っていたけど、今はそうは思わない。いいお金の使い方をしていると感じるし、自分がやりたいことが見つかって、やりたいことでお金が稼げるようになって、周りも幸せになっている。お金では買えない幸せを感じている。

コーチングを受け、「小さな1」をつくったことで、その後の行動が、100にも一万にもなっている感覚だ。

何もしなけれ0は0。0に何を掛けても0なのだ。

怖いけど、不安だけど、コーチングを受けたことで、小さくてもいいから、行動して1をつくってよかった。

「私もずっと迷子かも」と思った方は、是非、この機会に体験セッションをお試しください。

さち - リザスト
コーチ|コーチング|生きがい|ワクワク|繋がり さち さち