今、やりたいことが分からなければ

コーチング

今、やりたいことが分からなければ、今、楽しいとか興味を感じることをやろう。

そうすると、いつか点と点が結びつき、線になる。

気が付くと、いつか自分がやりたいことに繋がっている。

クライアントさんとの継続セッション中に、クライアントさんの話を聞きながら、これから、どんどん点と点が結びついていくんだろうなと、感じる時がある。

クライアントさん自身は、そうは感じていないかもしれないが、私は感じる瞬間がある。

その瞬間、思い出すのは、2005年、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での卒業式のスピーチだ。

先を読んで点と点をつなぐことはできない。後からふり返って初めてできる。したがってあなたたちは、点と点が将来どこかでつながると信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ、何でもいいから、信じてください。点がやがてつながると信じることで、たとえそれが皆の通る道からはずれても、自分の心に従う自信が生まれます。

自身が創設したAppleをクビになり、のちに不振にあえぐAppleに戻り、会社を再建したジョブス。

彼は、色々な事情で大学を卒業しなかったが、大学を続けるかどうか悩んでいる時にカリグラフィー(西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法)を学んだ。

その時、彼は、ただカリグラフィーの美しさに引き付けられたのだが、その技術が後のAppleでの文字のバラエティーの多さと美しさに繋がった。

カリグラフィーを学んでいた時に、カリグラフィーとパソコンが繋がるとは、夢にも思っていなかったと思う。

やりたいことが分からないと感じている人は、多いかもしれない。

私もその一人だった。

何がやりたいか分からなければ、今、興味があること、楽しいことをやっていくのがいいと、私は思う。

コーチングでクライアントさんと1年以上の継続セッションをやっていくなかで、クライアントさんが、思いもよらない、やりたいことに出合う場面に何度か伴走させていただいた経験がある。

思ってもみないところで、点と点が繋がって線になった場面もあった。また、新たな点と点を打って線になった面もあった。

大切なのは、点を打ちにいくことだ

どんな点を打ちたいか分からない時は、その時点で、興味があること、楽しいこと、楽しそうなことを、やってみるといいと思う。

思いもよらないところに、線が出来る。

その先に、自分のやりたいことが、見つかっていたりする。

自分を信じて、点を打つ(アウトプットする)。

点を打たないと、線にはならない。

コーチング無料セッション募集中。

さち - リザスト
コーチ|コーチング|生きがい|ワクワク|繋がり さち さち